《ウクライナvsロシア、宗教宗派でも対立鮮明化》オーソドックスの総本山なんて教科書にのってたっけ?






(元記事リンク 産経ニュース 2019.1.6 14:55更新)

2018年11月の末、
米露首脳会談が予定されていたG20の直前。
発生した、
ウクライナ海軍とロシア警備隊の船の衝突。

ウクライナに反露政権が誕生した経緯となる、
暴動に次ぐ暴動と、
ウクライナ国内のロシア系住民による東部独立騒動。
その後もロシア軍による陸からのジワジワとした侵蝕・・・。
この辺りの話が・・・何年前だったっけ。

世界的なメディアですらあんまり注目されなくなり、
小康状態=ロシア有利のまま推移していくかに思われたところでの、
海上衝突・・・。

そして、
新たな対立状態が表面化したというのが、
上のリンク先のお話で。
その分野が宗教!

ロシアとウクライナはキリスト教のうち正教と言われる宗派で、
バチカンのローマ教皇庁を頂点とするキリスト教カトリックよりもその歴史は古く、
キリスト教発祥の地である聖地を管理していたという経緯もあることから正統性の上でも、
同教の中では筆頭格。
総本山はトルコのコンスタンティノープルにある総主教庁。

基本的に各国ごとに正教会があったものの、
ウクライナには独自の正教会がなくて、
ロシア正教会の支部扱い。

そこで、
ウクライナ側も総主教庁につながる独自の正教会を持ちたいということで、
総主教庁のほうはロシア正教会からウクライナの信徒が独立して独自の協会を立てることを、
正式に許可する書類(トモス)を出したという・・・。


大塚製薬 カロリーメイト ブロック チーズ 4本×10個

新品価格
¥1,592から
(2019/1/11 01:39時点)


宗教の力をあんまり意識しない日本にいる俺じゃ共感できないこってすが、
これによって、
ロシア側はウクライナの上にいるという宗教的な優位を失ったそうで。

宗教的優位が失われるとどうなるかと言えば、
ウクライナから宗教をパイプにした金がとれない上に、
逆に取られることになるとかで・・・。

ウクライナ正教会が出来ると、
ウクライナ国内の正教の教会はその指導下に入り、
その資産の管理もウクライナ正教会がやるということで。
それまではロシア正教会系の資産だったのが、
ウクライナ正教会系の資産になる・・・。

信徒から集めたお金をロシアの正教会に流すことも出来なければ、
ウクライナ内にあった資産もゴッソリ減る・・・。

総主教庁側としては、
ただでさえデカイ勢力であるロシア正教会勢力を削れる上に、
上納金の口が増えるんだから、
決して独立の話は悪いことじゃないわけで。

ポーランドやギリシャの正教会が反対するのは、
幾つもの民族系ごとに正教会があってまがりなりにも同じ正教会ということで形を保ってるのに、
同じ教会独立騒動を国内で起こされたら、
それだけで各正教会の実入りが激減しかねないからで・・・。

正教会の総主教庁・・・、
決して政治の分野に足を突っ込んだわけでもなく、
あくまで宗派対立の問題で終わらせましたが、
ロシアとしては自分にコントロールできない存在が増えた上に、
相対的に力を弱められたからものすごい不快感だらけ
プーチン大統領もまさかここからっていう噛まれかただったろうなって。

以上です


大塚製薬 カロリーメイト ブロック チョコレート 4本×10個

新品価格
¥1,592から
(2019/1/11 01:40時点)