《韓国は文政権任期折り返し、外交無策でも独裁体制確立》まだ二年半残ってると思ったらさらにその先の可能性もあるってかい






(元記事リンク 産経ニュース 2020.1.7 21:53更新)

2020も厄介な隣国として存在し続ける韓国。
日本との対立関係は高止まりのまんま。
日韓すなわち対立関係がもう既に常識化してしまっていると見て問題なし。

戦後最高潮という最悪の日韓関係を僅か数年で作り上げたのが、
文在寅大統領。
ようやっと任期の半分たる二年半を経過。

元から外需依存の経済ということもあって、
外交面の動きにおいては日本よりもはるか上をいっていた、
ということになっていたのが見事に崩壊。

日韓対立以外にも、
米韓対立を引き起こし、
米中接近を演出しながらも自分から否定する形で失敗させる。

外交においては周辺国全てと対立を深めている・・・。

そして、
外交面で苦戦していると同時に、
経済面ではもっと苦戦。

そんな文在寅政権にとり唯一成功しているのが、
独裁化。


このページをチップで応援

(元記事リンク 産経ニュース 2020.1.9 20:05更新)

歴代の大統領を刑務所送りとしてきた、
韓国司法。
その二つを掌握することには成功していた文在寅大統領。

裁判所の人事をいじくり、
自身の言う通りに判決を出させ、
検察の人事も次々といじくり、
今やはるか遠い過去になりつつあるチョグク前法相について、
韓国検察が捜査していたのが、
逮捕状は裁判所が出さずに逮捕が出来ずに在宅起訴。

さらには、
大統領をはじめとして政治家を捜査する権限を検察から奪い、
政治家専用の捜査機関を創設。

さらには、
チョグク捜査についての幹部を大量異動。

確実に文在寅につながる捜査について、
人事権でもって妨害しまくって、
三権のうち司法をコントロール下に置き、
立法も今のところ与党優勢で法律が作れる。

そして、
選挙制度もいじったことでもって、
与党の過半は崩れないという・・・。

この調子でいくとアレだなあ、
任期五年、一生に一度の制限もなくなるなあ。

民主主義で必要な三権が一手に握られていく・・・。

リベラル勢力や主要野党日本の安倍政権を頻繁に独裁独裁と連呼してきたものの、
全く安倍政権が独裁じゃないってことは韓国を見たらハッキリするわけよなあ。

隣国が独裁国家になろうが日本にはどうでもいい話。
民主国家だろうが独裁国家だろうが、
結局のところ反日国是である以上は、
日本にとっては厄介な存在であることに変わりなし。
勝手に弱体化してくれる体制が固定化されるというのなら、
それはそれで別によし。





過去関連記事
「自滅韓国」
2020年01月08日
2020年01月06日
2019年12月31日
2019年12月31日
2019年12月31日
2019年12月29日
2019年12月24日
2019年12月20日
2019年12月17日
2019年12月12日
2019年12月11日
2019年11月30日
2019年11月27日
2019年11月25日
2019年11月24日




この記事へのコメント