《ダークウェブ内掲示板日本語版管理者逮捕》







一般的な検索エンジンではまずたどり着けず、
アクセスするだけで専門的かつ特殊な技術やソフトが必要で、
そこではありとあらゆる違法なものが、
実物からデータやソフトまで全て売買されてる・・・とかなんとか、
ダークウェブだっけ?

日本のドラマでも普通に出てくるようになった単語でもあり、
アメリカではそれ関連の映画もけっこうあったり、
ドラマでは普通にあったり、
そういえばCSIシリーズもサイバー犯罪バージョンが出来てたんだって?

・・・アレ?
そういえばディープウェブとかも聞くけども、
アレなんだっけ?
ダークウェブと違うんだっけ?

まあ俺みたいに素人には無関係な世界だとして・・・。

日本でもサイバー関連の熟練者はそれなりに利用者がいたり、
管理者もいたりと言われるダークウェブにおいて、
とあるジャンルの掲示板の日本語版管理者が逮捕されたというのが上のリンク先のお話で。


このページをチップで応援
上のリンク先の記述では、
2019年8月に警察が見つけたダークウェブの管理人を追跡していって、
半年ほどで管理者にたどり着いたそうで。
・・・逮捕されたのは地方公務員だったのかあ。

あんまりそういったサイバー的な職じゃなさそうなイメージだもんで、
子供の頃からサイバー関連の技術を磨いて管理者となったのか、
それとも大人になってから・・・今の職についてから学習して技術を取得したのか、
その辺りがちょいと気になるところで。

世界的なネットワークでもあるダークウェブに日本語版ってあるんだなあ。

普通にネットをやってても入り込むことはないけども、
映画とかだとついうっかり入口が~、
みたいな展開があったりで、
うっかり入り込んでしまうなんてことがあるのかな?
まあないかあ。

こういった逮捕劇が海外ドラマの中であったりすると、
おいかけるまでに割と簡単だと実は色んなダミーが間に入っていて、
実は本当の管理者は別にいて誤誘導されてグヌヌなんて、
そんな展開になりますが、
・・・まあそういうのは現実でどうなんだろ、
一度ならずとも警察は無関係な人間を逮捕して自白取ったことがあるから、
そういう点でサイバー分野には相当に力を入れている・・・と信じたいねえうん。

とりあえずこういうダークウェブから距離を取る時は、
大手のウイルス対策ソフト入れとけば大丈夫って姿勢でいいのかな?





過去関連記事
「サイバー」




この記事へのコメント